ホーム > 【あ行の由来語源】 > 右翼【うよく】

▶ 右翼【うよく】

《スポンサードリンク》

右翼【うよく】の名前の由来語源・使い方

【意味】

右翼(うよく)とは、保守的、国粋的な思想傾向。また、その人や集団のこと。

【語源・由来・成り立ち】

右翼(うよく)の語源・名前の由来について、18世紀末のフランス革命当時の国民議会で、保守派の席が議長から向かって右側であったことに由来する。

反対に、急進派の席が議長から向かって左側であったことから、急進的な思想傾向、またその人や集団は「左翼」という。

【使い方・実例・用例】

*竹下登が右翼からほめ殺しの攻撃を受けていたことに端を発し、佐川急便の社長が暴力団との仲介を図る。(エキサイトnews)

【漢字辞典】

「うよく」を漢字で書くと「右翼」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【あ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【あ行の由来語源】 > 右翼【うよく】