ホーム > 【わ行の由来語源】 > 【ワッフル】

▶ 【ワッフル】

《スポンサードリンク》

【ワッフル】の名前の由来語源・使い方

【意味】

ワッフルとは、パンケーキの一種である。小麦粉に卵、砂糖、牛乳などを加えてやわらかく溶き、型で焼いたもの。二つ折りにして、中にジャムやクリームなどを包むものが一般的。ワーヘル。

【名前の由来語源・成り立ち】

ワッフルの名前の由来は、もとはオランダ語で、蜂の巣を意味する「wafel」から名づけられた。ワッフルの外観・形状が蜂の巣に似ていることからこの名がある。

【用例・実例】

*古川ロッパ日記‐昭和一二年〔1937〕五月二二日「不二アイスへ寄り、トマトクリーム、ローストビーフに、ワッフルを食ひ」

【漢字辞典】

「ワッフル」の漢字表記は不明を。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【わ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【わ行の由来語源】 > 【ワッフル】