ホーム > 【さ行の由来語源】 > ぞっとしない

▶ ぞっとしない

《スポンサードリンク》

ぞっとしないの名前の由来語源・使い方

【意味】

ぞっとしないとは、あまり感心しない。いい気持がしない。

【語源・由来・成り立ち】

ぞっとしないの語源・由来について、「そっとしない」の「ぞっと」は擬態語(=物事の状態や様子などを感覚的に音声化して表現する語)である。今では「ぞっとする」といえば、身の毛もよだつような恐ろしさの形容に用いられるが、近世では美しさのあまりに感動して、ぞっとするという用法もあった。

この用例は江戸末期までみられた。ちなみに「ぞっとしない」はこれを打ち消した語である。

【実例・用例】

*草枕〔1906〕〈夏目漱石〉五「然もそれを濡らした水は、幾日前に汲んだ、溜め置きかと考へると、余りぞっとしない

*すみだ川〔1909〕〈永井荷風〉一「大概はぞっとしない女房ばかりなので」

*他人の顔〔1964〕〈安部公房〉黒いノート「繃帯も、ぞっとしないだろうが」

【漢字辞典】

「ぞっとしない」の漢字表記は不明。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【さ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【さ行の由来語源】 > ぞっとしない