ホーム > 【さ行の由来語源】 > 随分【ずいぶん】

▶ 随分【ずいぶん】

《スポンサードリンク》

随分【ずいぶん】の名前の由来語源・使い方

【意味】

随分 (ずいぶん)とは、ふさわしい程度を超えているさま。かなり。また、非難すべきさま。ひどい。

【語源・由来・成り立ち】

随分の語源・名前の由来について、古くは文字通り「分(ぶん)に随(したが)う」、身分相応の意で使われていた。

これが、分に応じてできる限り、極力の意になり、大いに、非常にの意にも使われるようになった。ひどいの意は明治時代に生じた。

【使い方・実例・用例】

*練習したため、随分とうまくなったもんだ。

【漢字辞典】

「ずいぶん」を漢字で書くと「随分」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【さ行の由来語源】の由来語源(最新30件)



ホーム > 【さ行の由来語源】 > 随分【ずいぶん】