ホーム > 【さ行の由来語源】 > 側杖を食う【そばづえをくう】

▶ 側杖を食う【そばづえをくう】

《スポンサードリンク》

側杖を食う【そばづえをくう】の名前の由来語源・使い方

【意味】

側杖を食う (そばづえをくう)とは、自分と関係のないことで思わぬ災難を受ける。とばっちりを受ける。

【語源・由来・成り立ち】

側杖を食うの語源・名前の由来について、「側杖」とは、たまたま喧嘩をしている側にいたために、相手を叩こうとして振り回した杖に当ってしまうことをいう。

それが転じて、たまたまその場にいたために、思わぬ被害を受けることの意で用いられるようになった。

当初は「側杖に合う」の形で用いられていたが、江戸時代より「側杖を食う」の形が現れた。「食う」は身に受ける意を表す。

【使い方・実例・用例】

*最初は善意で関わったものの、側杖を食う皮肉な結果になった。

【漢字辞典】

「そばづえをくう」を漢字で書くと「側杖を食う」と表記する。


《スポンサードリンク》

⇒このカテゴリ【さ行の由来語源】の由来語源(最新10件)



ホーム > 【さ行の由来語源】 > 側杖を食う【そばづえをくう】